ピカイチ野菜くんの挑戦 初めての農業

 


一粒万倍は20周年を迎え、今まで無農薬人参を仕入れて売っていた私たちがこの度、無農薬人参作りに挑戦しています!この人参作りの進捗状況を毎週更新しますのでぜひご覧下さい。私たちが育てている人参の成長を一緒に見守っていただけたら幸いです。

 

農業への想い

 

地球温暖化防止に向けた農業生産の取り組み

 


温室ガスの増加は観測史上最高を更新、前例のないペースで高まっています。
ヨーロッパ、中国など、温室ガスの排出をゼロにする取り組みが加速する中、弊社では新たに緑肥作物を活用した有機農業によって地球温暖化を防止する取り組みを開始しました。
緑肥とは聞きなれない言葉ですが、根粒菌の働きで空中の窒素を取り込むマメ科の植物などを栽培して、そのまま畑にすきこんで肥料にする方法で、そのための植物を緑肥作物と言います。
緑肥作物には大量の有機物を生産できる、イネ科の食物や土に生息する病害虫を減らす植物もあります。人参を栽培する前に、これらの緑肥作物を作つけると、外部から投入する肥料や農薬が要らなくなり、肥料の製造や運搬で発生するCO2の排出をゼロにすることが出来ます。
また、緑肥作物が光合成のために、空中からCO2を吸収して作物体に炭素(C)を蓄え、それをすき込むと土壌中の炭素(有機物)が増えます。
その炭素量が増加した分、空気中のCO2が減り、地球温暖化の防止に役立ちます。
土壌のCO2吸収のポテンシャルは、森林を含めた地上植生に比べて3倍も大きく、世界中の農地で緑肥作物を利用すると、地球温暖化におおきく貢献できると考えられています。
土壌中の炭素は、農業生産に最も大切な地力の根源ともなるもので、緑肥作物の利用は空気中のCO2の削減と同時に土壌肥沃度の向上につながります。
弊社では、これまでに安全、安心をコンセプトににんじんの供給に努めてまいりましたが、今後は、さらに、一歩進んで温室ガス排出ゼロの社会に向けてさまざまな努力をしていく所存でございます。

 

緑肥の効果
緑肥が光合成のために
空気中のCO2を吸収して、
炭素を蓄える。
緑肥を土と一緒に耕すことで、
土壌の炭素が増えてCO2の発生を削減。
緑肥が肥料になる。土壌の
病害虫を防ぐ緑肥を使用することで
農薬も必要なくなり、肥料や
農薬の製造・輸送・散布などで発生する
CO2がゼロに。

微生物が増え、水はけや保水力が向上、土が元気になり、野菜がすくすく育つ。
土壌のCO2吸収力は森林などの
植物の約3倍と言われている。土壌のCO2吸収力を活かすことで大気中のCO2を減らし、地球温暖化を緩和。
農産部メンバー
ナカジマ
農産に携わってちょうど一年になります。
初めの頃は全てが初めての経験で、
コンサルタントのヨネクラさんに教わり、
日々勉強させて頂いています。
トラクターはまっすぐ走るのも難しいと
驚きました。緑肥での栽培を通して
環境問題に取り組み、未来の地球の為に、
そして美味しい人参をお客様に
お届けする為に、精いっぱい農産
という仕事に取り組んでいきます。
ユーマ
種をまき、芽が出て少しずつ大きくなっていく
人参を見ていると、生産者さんのように
“この手で人参を育てている”と実感します。
人参を栽培している中で除草作業が大切
なので立派な人参を栽培するために毎年
奮闘しています!お客様に当社で作った
美味しい人参を届けられるように人参を
育てていきたいと思います。
ハスミ
手間暇掛ければ掛けた分だけ良いにんじんが
たくさん収穫できるという訳ではなく、うまく
いかない事、トラブルなどがあり思い通りに
ならない事ばかりです。改めて農業の大変さを
思い知っている状況です。今はまだ少ない
収穫量ですが、美味しいにんじんをたくさん
皆様にお届けできるように頑張ります!
ヨネクラさん (コンサルタント)
東京農大卒業後、アメリカでの農業研修等を
経て、緑肥作物を活用した水稲・野菜の有機
農業コンサルに取り組む。現場主義が高じて
自らも農業者となり、緑肥だけで有機JAS
認証の野菜生産を実証。半農半Xの生活で
全国を駆け巡る。
人参の収穫予定



予想より早く発芽しました。今回は天候に恵まれ雨が多かった為、
発芽が早くなったのだと思います。やはり自然の力は偉大だなと思いました。
今は圃場全体の6割の発芽ですが、目標の8割を目指し
水やりなどに取り組もうと思います。
皆様に美味しい人参を食べていただけるよう頑張ります。
商品紹介

霜降りにんじん
ジュース
霜が降って甘くなった函南
にんじんをコールドプレス製法
で搾った100%ストレートの
にんじんジュースです。

土付き函南にんじん

ピカイチ野菜くん農産部が
農薬・除草剤・化学表不使用
で育てたにんじんです。

収穫後販売開始!
ぜひお楽しみください